快適無職ライフ

はたらきたくない

読書

【鬱漫画】『愛と呪い』を読みました。人生はすべて運

今回のブログは少し暗い話になるかもしれません。 苦手な方は閲覧注意でお願いします。 DMMブックスのセールで購入した漫画、鬱漫画と評判の『愛と呪い』1~3巻を読みました。 (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a; b[a]=b[a]||function(){a…

最近読んだマンガ3作品。『刑務所の中』 、『花園メリーゴーランド』、『菊坂ホテル』

DMM70%オフで購入したマンガ消化シリーズ。 現時点で、100冊中の三分の一も消化してません。まだまだ楽しめます。 今日は、最近読んだマンガ3作品について書いていきます。 花輪和一『刑務所の中』 獄中マンガというと、以前ホリエモンの『刑務所いたけど何…

【読書】救いのない話が好きな理由。『トラウマ文学館』

これらの物語が描いているのはまさに"現実"にほかならないからです。 不意打ちで、ひどい現実にいきなり直面するよりは、まずは物語で知っておいたほうがいいのではないかと思うのです。(トラウマ文学館 ご注意事項より) 私が鬱系の物語や残虐な事件・事故…

図書館で借りた本、読んだ本2冊。『ひきこもりカレンダー』と『生きるのが面倒くさい人 回避性パーソナリティ障害』

前回借りた本の返却期限日だったので、また図書館に行ってきました。 ■関連記事■ 大阪府立中央図書館で過ごした無職の1日 - 快適無職ライフ 大阪府立中央図書館で読んだ本の話 - 快適無職ライフ 結局期限日ギリギリに行くことになるのは面倒臭がりあるあるで…

【読書】『愛するということ』が無職的名著でした

今回読んだのは、ネットサーフィンをしているときに偶然見つけた本。 なぜか直感的に自分は今この本を読むべきだ!と思ったのですぐにKindle本を購入して読み始めました。 エーリッヒ・フロム『愛するということ』 // リンク 概要 「愛すること」と「資本主…

アラサー無職女、恋愛小説を読む

普段は恋愛小説と聞くだけで拒絶反応を起こしてしまうような、恋愛に縁も興味もないアラサー無職女です。 思い返してみても、過去に恋愛小説を読んだ記憶がほとんどない。 谷崎潤一郎の『春琴抄』とかは大好きですが、あれを恋愛小説というジャンルで括るの…

【鬱漫画?】華倫変作品を読みました

DMMブックスの70%オフセールで購入して放置していた漫画シリーズ。 華倫変『カリクラ 華倫変倶楽部 上下』、 『高速回線は光うさぎの夢を見るか?』の計3冊を読みました。 めちゃくちゃ好きだったので、この漫画を読む人が一人でも増えればいいなあ、という…

神や仏を越えた漫画家、山田花子

統合失調症を患っていて、24歳で飛び降り自殺してしまった漫画家の山田花子。 今回読んだマンガは『花咲ける孤独』と『からっぽの世界』です。 数年前に『自殺直前日記』を読んだことがあり、日記やメモにされた言葉からその精神状態が苦しいほどに伝わって…

大好きな本を10冊紹介します

少し前に、プロフィールページを更新しました。 自己紹介代わりの本として小説5冊+マンガ1冊を載せています。 そのときに本を選ぶ作業がとっても楽しかったので、今回の記事では「自己紹介代わりの10冊の本」についてテーマに分けて紹介していきます。 ぜひ…

大阪府立中央図書館で読んだ本の話

図書館で一日過ごした話の続き。 この日に図書館で読んだ本の中から4冊について書きます。 mushokulife.com 予約した本 事前に11冊の本を予約していました。 そのうちの6冊が「らんぷの本」シリーズ。 www.kawade.co.jp このシリーズが好きで以前から図書館…

大阪府立中央図書館で過ごした無職の1日

「平日の図書館で一日過ごす」ことは、私の密かな夢でした。 平日に働いていると、"わざわざ休みをとってちゃんと朝起きて出かける"という行動をしないといけないためかなりハードルが高い。 毎日が休みになった今、夢を叶えるべく図書館に行ってきました。 …

さくらももこの真髄を味わう

さくらももこを読んで育った無職女です。 まるちゃんの年齢になる前から「ちびまる子ちゃん」を何度も繰り返し読み、小学生時代の愛読書は「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」のエッセイ三部作でした。 // リンク 今回紹介したいのは、…

コスパよく良質な本を楽しむ無職

寺田寅彦の随筆『備忘録』の冒頭に、こんな文章がありました。 何度読んでもおもしろく、読めば読むほどおもしろさのしみ出して来るものは夏目先生の「修善寺日記しゅぜんじにっき」と子規しきの「仰臥漫録ぎょうがまんろく」とである。 調べてみると、どち…

中之島図書館を散策してきました

無職女の一人遠足シリーズ! 行ってみたかった場所に行ってきました。今回は大阪府立中之島図書館。 中之島図書館 大阪にある府立図書館は、この中之島図書館と大阪府立図書館の2つ。 大阪府立図書館が家からアクセスしやすい場所にあることと、こちらは蔵書…

【読書】「人間嫌い」という言葉を聞いてどう思いますか?

「自分のことだ!」と思いましたか?私は思いました。 セミリタイアして社会から離れて生活したいと思っている人は「人間嫌い」を自覚している人が多そう。 「人間好き」なら労働もうまくやっていけそうだしセミリタイアという発想もなさそうじゃないですか…

【読書】奴隷になるな。生きるためには逃げても良い。

「こういう話聞きたかった!」と思うような内容が詰まっていました。 セミリタイアを直接的なテーマにしている本ではありませんが、会社を辞めたい人・セミリタイアに興味がある人は発見があったり共感しながら読める内容だと思います。 『孤独論 逃げよ、生…

Kindle Unlimitedで全巻読めるおすすめ漫画7選

漫画って文字だけの本と比べるとすぐに読み終わってしまいますよね。 たくさん読もうとしたらお金がかかるしコスパはよくない。 それが、Kindle Unlimitedだと読み放題。 Kindle Unlimitedを利用し続けている私が、読み放題で読めるおすすめ漫画を紹介します…

たまたま読んだ漫画の主人公が無職だった

郷田マモラさんの漫画がおもしろい。 独特の絵に、殺人事件と絡めた人間ドラマ作品。いつも興味をそそられるようなテーマばかり扱っています。 今回読んだ『サマヨイザクラ』のテーマは「裁判員制度」です。 // リンク // リンク Kindle Unlimited対象作品で…

【読書】働きたくないけど生産的なことがしたい無職です

3年前の発売当初に一度読んだことがある本ですが、ブログを始めたことをきっかけに再読してみました。 『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑 // リンク 概要 無職にアウトプットは必要? 実践したいこと3つ アウトプットの比率をインプットの倍…

「無駄なものを買わない」というマインドを保つには?

結論:無職になることです。 おはようございます。今日もKindle Unlimitedで読んだ本について書きます。 // リンク Kindle Unlimited対象作品です。(投稿日時点) 直前に読んだドストエフスキーが重かったので、軽く読めるものを求めているときに見つけまし…

【読書】リタイア無職が主人公のドストエフスキー作品

無職女が読む、無職男が主人公のドストエフスキー作品です。 ドストエフスキー『地下室の手記』 半年ほど前に、初めて読了したドストエフスキー作品が「罪と罰」でした。 その勢いで「他の作品もイケるんじゃ?」と思って読み始めましたが、こちらは4分の1ほ…

Kindle Unlimitedの思いがけないデメリット

それは、読みたい本が多すぎることです。 おはようございます。Kindle Unlimited大好き無職女です。 読みたい本が多すぎると何が困るかというと、月額980円払っている分、元を取りたいという精神がはたらいてKindle Unlimited対象外の本が読めなくなることで…

【読書】「ずっとやりたかったこと」見つかりました

初めての読書投稿です。 今まで本を読んでもアウトプットということを全くしてこなかった人間です。時間かかるし。 読んで、まとめて、…としていたら、無限に時間がないと足りないですよね。 今回無職になって無限に時間ができたことをきっかけに、アウトプ…

読書に使ってる端末やサブスクや電子書籍サイトのこと

退職した一番の理由は、「好きなだけ本を読むため」といっても過言ではありません。 今回はそんな私の読書環境についてまとめてみます。 紙の本は装丁や触感なども含めてもちろん大好きなのですが、それ以上に部屋に物を増やしたくない気持ちが大きいので、…