快適無職ライフ

はたらきたくない

無職1日目にしたこと

無職日記を投稿してみます。

 

タイトルの「無職1日目にしたこと」ですが、それは歯医者に行くことです。

 

私は親知らずが上1本、下2本の合計3本生えています。

特に下の歯は斜めというか、真横に近い角度で生えています。

すべて完全に歯茎の中に埋まっているのですが、虫歯治療で歯医者に行ったときレントゲンをとったことがあるので知っていました。

どうも少し前から、親知らずが生えている部分やその付近の歯や歯茎に違和感がある。

虫歯のようにズキズキする感じではないのですが、じわじわ痛む。

 

きっと親知らずが近くの歯を押してるんだ!と思いました。

とうとう頑なに埋まって顔を出さないあの親知らずを抜く時がきたのか・・ウワサにはよく聞くけど、顔がすっごく腫れるんだよなあ。。と考え、我慢できないような痛みではないので、退職したら歯医者に行こうと決意していました。

 

親知らず抜歯体験談の動画を見たりして予習しつつ、ついに当日。

事前にリサーチしていた、親知らずに強そうな近所の歯医者に向かいました。

 

結果、痛みの原因が親知らずの可能性は低いとのこと。

近くに虫歯があるわけでもない。

 

目の前のモニターにデカデカと映し出された自分の歯のレントゲン写真を見ながら説明を受けていたのですが、「歯軋りや食いしばりはありませんか?」と聞かれました。

 

今まで家族から特に歯軋りの音について指摘されたことはなかったのでそう答えたのですが、奥歯の表面はふつう凹凸があるところ、私の歯は平らになってしまっているので歯軋りや食いしばりによって削れてることが考えらえるらしい。

 

そう言われてみれば、寝てるときに食いしばりしてたかもしれない。。ふと目覚めた時とか、歯が痛くなるぐらいの力で食いしばりしてる時あったわ。。

 

先生いわく、歯軋りや食いしばりは歯に40キロ以上の力がかかるので痛みなどの影響が出ることがあるみたいです。こわい。

 

一度、睡眠時用のマウスピースを作って様子を見てみることになりました。

激痛抜歯を覚悟して歯医者に行ったところ、一切歯を削ることもなく帰ることになったので少し拍子抜けですが、地味に続いていた痛みが辛かったのでこれで治ってくれればいいなあ。

  

 

この本を読んでからちゃんとフロスするようにしています。

それまでフロスが大事なんて知りませんでした。今まで何件かの歯医者にも行ったけど誰も教えてくれなかったし。

小学校の頃に学校で歯磨き指導とかあったけど(歯垢残ってたらピンクになる薬?を塗るやつ)その時も教えてくれなかった!

 

 

外出したついで本屋に寄って散策し、ダイソーで買い物をして、平日昼間の平和な散歩を楽しみながら帰宅しました。

外出すると、一日の充実度が上がる気がします。

 

ついつい面倒で引きこもりがちになるので、これから予定がない日にも外に出られるようなシステムをどうやって作るか、じっくり考えたいと思います。