快適無職ライフ

はたらきたくない

Kindle Unlimitedの思いがけないデメリット

それは、読みたい本が多すぎることです。

 

f:id:mushokuseikatsu:20210709124640p:plain

 

 

おはようございます。Kindle Unlimited大好き無職女です。

 

読みたい本が多すぎると何が困るかというと、月額980円払っている分、元を取りたいという精神がはたらいてKindle Unlimited対象外の本が読めなくなることです。

 

別の本を読んでいる間、そういえばまだKindle Unlimitedの本読めてないからそっちを優先して読まないとな〜と考えてしまい集中できなくなることがよくあります。

 

そこで解決策として、一旦更新をやめることを考えました。

今月22日で一ヶ月の契約が終了するため、それ以降は積読を消化するという計画を立てました。

 

計画通りに進むかはわかりませんが、自分用メモとして読書リストを残しておきます。

 

7/22までに読みたいKindle Unlimited対象本

・「地下室の手記」ドストエフスキー

・「ちじらんかんぷん」佐賀純一

・「浅草博徒一代」佐賀純一

・「サマヨイザクラ」郷田マモラ

・「戦う哲学者のウィーン愛憎」中島義道

(↓もし余裕あれば)

・「暗夜行路」志賀直哉

 

7/23以降に消化予定の積読

Kindle内

・「時間のかかる読書」宮沢章夫

・「逝きし世の面影」渡辺京二

・「忘れられた日本人」宮本常一

・「カルト脱出記」佐藤典雅

・「カラマーゾフの兄弟」ドストエフスキー 

紙の本

・「潮騒」三島由紀夫

・「不道徳教育講座」三島由紀夫

・「冷血」カーポティ

ほか、DMMブックスで購入した漫画何冊か。

 

ある程度積読を消化したところで、またKindle Unlimited契約して読みまくる予定です。

リストに書いたもの以外でもまだまだ読みたい本がたくさん残ってます。

光文社新訳古典文庫とかすごいです。良質な古典文学がたくさん読める。

Kindle Unlimitedは素晴らしいサービス。

 

 

無職になって読書三昧かと思いきや、ブログ更新が楽しくてこっちに結構な時間を使っています。

そのためあまり読書の時間が取れていませんが、ブログって生産的なことをしいてる気分になるし、より充実した無職ライフを送ることができてこれは嬉しい誤算です。

今後、さらに快適な無職生活を目指すために試行錯誤しながら、ブログで色々なことを発信していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

最後にKindle Unlimitedで読めるおすすめの漫画を紹介して終わります。