快適無職ライフ

はたらきたくない

ハローワークに行ってきました

f:id:mushokuseikatsu:20210824104200p:plain

 

人生で初めてのハローワーク訪問。 

 

■関連記事■

  

先週、離職票が手元に届いたのでさっそくハローワークに行って手続きをしてきました。

雇用保険の失業手当を受給するには「仕事を探す」ことが条件だと事前に調べて分かっていたので、働く気のない無職女は少しドキドキしていましたが、会社から届いた離職票をそのまま見せるだけで手続きは進んでいき特に尋問などはされませんでした。

 

具体的な受給できる金額や期間の説明はありませんでした。

そこは各自資料を見て確認してね、という方針なのでしょうか?

 

自己都合退職の場合、通常は雇用保険の受給までに2ヶ月の待機期間が必要です。

私の場合職場でコロナ感染者が発生したので、会社が事実を認めれば待機期間なく受給できるようになります。

「ハロワから会社に事実確認してください」という申立書を書くように言われました。

この確認には少し時間がかかるみたいなので気長に待ちたいと思います。

 

来月の失業認定日までに1回は就職活動をした実績が必要だそうですが、緊急事態宣言中でそれも免除されそうなのでラッキーです。

 

 

ハローワークでもらったチラシの中にこんなものがありました。

 

f:id:mushokuseikatsu:20210824101406j:plain

 

上から一つずつ反論していきます。

●実家寄生無職をしているので無職になる前と何も変わっていない

●規則正しい生活を心がけているし、労働のストレスがなくなりむしろ健康的

●就職しなくても死にはしないので不安はない

●そもそも就業意欲がない

 

 

世間は資本主義の奴隷に仕立て上げるために様々な方法で洗脳し、労働させようと必死です。 

そんなことしなくても人間は生きていけるし、私は心を殺して労働する毎日よりも無職でいる方が人間の心を持った健康的な人生を過ごせるという真実に気が付いてしまいました。

これからは決して世間の声には流されずに、何事においても自分の頭で考えて行動したいです。

 

 

ハローワークの建物を出てすぐ、女性に「お仕事探されてますか?」と声をかけられたので怖くて断って逃げてきました。

ああいう人ってどんな仕事を紹介してるんだろう。

 

働く気はもちろんないけれど、好奇心と暇つぶしとブログのネタにするために話を聞いてみてもよかったかなと少し後悔しました。