快適無職ライフ

はたらきたくない

ネカフェでくつろげる人が羨ましいです

今日は、平日昼にネカフェで過ごした無職の日記です。

 

パソコンは利用せずマンガを読む目的だったのでオープンシートの利用を予定していましたが、平日昼なのに利用者が多く相席になると言われました。

オープンシートが3時間590円のところ、個室だと1100円

さすがに知らない人が近くにいると落ち着かないので差額を払ってでも個室にしました。

 

食べ物の持ち込みOKだったので、ヴィ・ド・フランスで購入したパンを持ち込みました。

ドリンクバーのカフェオレを飲みながらおやつタイム。

スイートポテトのパン、めちゃくちゃおいしかったのでおすすめです。

 

今回のお目当てのマンガは2つ。

 

『八雲さんは餌づけがしたい。』1〜11巻(完結)

 

『ブスに花束を。』1〜10巻(連載中)

 

『八雲さんは餌づけがしたい。』はすべて読み切りました。

28歳の未亡人が、アパートの隣の部屋に住んでる野球部の食欲旺盛な高校生に毎日ご飯を作ってあげる話。

男女どちら側の立場からみても夢のような設定です。

需要と供給が一致してるのでお互い幸せで文句なし。

 

『ブスに花束を。』は2巻まで読んだところでタイムオーバーでした。

以前の記事で紹介した『少女マンガのブサイク女子考』という本で知ってから読みたかった作品。

自己肯定感の低い"ブス"の主人公と、クラスので一番の人気者イケメンの恋の話。

主人公のネガティブ思考に親近感が湧いて応援したくなります。

続きが読みたいので、また近いうちにネカフェ行きます。

 

 

今回のネカフェですが、100%快適に過ごせたとは言えませんでした。

ここでもまた冷房問題が。

ソフトクリーム食べ放題なので一回ぐらい食べたいと思っていましたが、寒すぎて断念。

ホットドリンク飲みまくり+ひざかけ+カーディガンでも、寒さに震えながらの3時間でした。

私の体感温度が異常なんでしょうか?

 

あと、日常生活はどうってことなく、むしろかなりズボラ女として過ごしてますがこういう場所に来ると少し潔癖を発症してしまいます。

個室だからといって心からくつろぐことは出来ないので、やっぱり今度はオープンシートに座ってみようかなあ。

でも目の前に人がいたら変に色々気にしてしまって、ゆっくりおやつ食べるなんて出来ないし…。

 

 

私には自宅で引きこもるのが一番合っているということを実感した一日でした。