快適無職ライフ

はたらきたくない

無職の食事について。昼食の固定化計画

f:id:mushokuseikatsu:20210825114441p:plain

 

無職になってからの食事で変わったのは、主に昼食。

 

労働していた頃はお弁当を持参していたので決まったものを食べるだけ。

ところが無職で家にいるとなると、食べたいときに食べたいものを自分で用意する必要がある。

 

毎日、何が食べたいかな〜と自分のお腹と冷蔵庫の中身と相談してメニューを決めることがめんどくさいし非効率的だと感じていました。

そこで毎日淡々と同じメニューを食べる、昼食の固定化をしようという考えに至りました。

 

 

私が昼食の固定メニューに採用しようと思っているのは「半熟ゆで卵かけバターご飯」です。

 

www.youtube.com

 

  • かんたん
  • おいしい
  • 栄養がある
  • 常に冷蔵庫に食材がある

と、すばらしいほどの好条件がそろっている。

 

普通の生卵で作る卵かけご飯より、私の場合はゆで卵かけご飯の方がおいしく食べられるし飽きません。ここは好みの問題だと思います。

 

毎日半熟ゆで卵を作る必要がありますが、これは鍋に入れてタイマーかけて放置するだけなので簡単。

1回で5つほどの卵を茹でます。

卵かけご飯用の1つは30秒ほど早めに取り出して半熟にして、あとの卵はもう少し固めにして器に入れておくと家族が朝食やおやつとして食べてくれます。

 

気になる栄養面ですが、ご飯の糖質・バターの脂質・ゆで卵のタンパク質で三大栄養素が摂れる完璧メニューじゃないでしょうか?

そもそもゆで卵だけ食べておけば栄養の問題はないと思っているゆで卵信者でもあるので、そんな私にとってこの「半熟ゆで卵かけバターご飯」は最強。

 

シンプルすぎるほどのメニューなので、飽きたら味付けやトッピングでアレンジすることも出来ます。

 

しばらくはこの食事を続けてみて、今後もっといいメニューを思いついたり何か変化があれば報告します。

 

 

私は食べ物の好き嫌いが激しくほとんどの野菜が苦手なため、欲望のまま食べたいものだけを食べて生きていると栄養面ではボロボロになってしまうと思います。

野菜が食べられない分フルーツを食べたり、特に大切な栄養素であるタンパク質を意識して摂るようにしています

 

快適な無職ライフに健康は必須条件。

卵を食べて健康になりましょう。